画像の説明

グラフィカルチョーク
チョークアート動画レッスン
「Flower」
〜花をリアルに描く〜

学びは真似ることから

チョークアートも中級レベルになると、
技術的な壁にぶつかることがあるかもしれません。

・いつもワンパターンになってしまう。
・カラフルポップなタッチから抜け出したい。
・もっとリアルに描きたい。
・いろんな技法を知りたい。

もしかしたら、あなたもそんなふうに感じたことがあるかもしれませんね。

実は私にもそんな時期がありました。

スランプを乗り越えたきっかけは、憧れの作品をとにかく観察しました。
そして試行錯誤しながら技法を真似たのです。

でも、もし直接習う事ができていたら・・・。
(当時はいろいろな事情で遠方まで習いに行く事ができませんでした)

色の塗り方や指の使い方を実際に見る事ができれば、学びの量もスピードも全然違ったはずです。


目的は「体験してもらうこと」

ありがたいことに、SNSで作品をアップするようになって、
「稲川さんのタッチが好き」
と言って頂ける事が多くなりました。

リアルさにこだわる私の描き方は
普通に描くより複雑で、少し時間がかかるかもしれません。
思いもよらない色を使ったりもします。

チョークアートの描き方は一つではありません。
10人いれば10通りの描き方があります。
どの技法が正しいとか、間違っているとかではないと思うのです。

IMG_9470.JPG

この動画レッスンの目的は、
技法の一つとして、私の描き方を「体験してもらう事」です。

最初は動画を見ながら真似してみてください。

「え、ここにこんな色を使うの?」
「こんなふうに色を塗るの?」

など、新しい発見があると思います。

そして「いいな」と思う部分を、あなたの一部に取り入れながら
オリジナルのタッチを研究してください。

私自身がそうであったように、
他の人の技法を体験する事は、チョークアートの壁を乗り越えるヒントになるはずです。


自宅が教室!いつでも、どこでも、何度でも!

IMG_9466 2

この動画レッスンは「花をリアルに描く」をテーマにした4本の動画で構成されています。
また、1本の動画の中で、アレンジして別の花を描いたり、色のバリエーションを紹介したりしています。

1.モクレンとチューリップ 
2.ポピー(4色)
3.ヒマワリとガーベラ
4.パンジー(3色)

インターネットに繋がる環境さえあれば、スマホやパソコンで、いつでも、どこからでも受講可能。

「どんな色を使うのか」
「どんなふうに色をのせるのか」
「ブレンドの指の動き」

などが一目で分かります。

途中で止めたり、何度も見直したりできるので、時間を気にせずあなたのペースでじっくり取り組む事ができます。


受講されたみなさんからこんな感想を頂きました

先生の声での説明がとても分かりやすくて良かったです。
使用するパステルの番号が画面に表示されるので、聞き逃しがなくてよかったです。
1つの花の塗り方(ブレンドの仕方とか)がじっくり見れて、実際に教室に居る時みたいでした。
とても丁寧だと思いました!

自分の好きな時間にレッスンが出来るところがいいです。
寝る前にちょこっととか、朝の30分だけとか時間を決めて少しづつでも進められるところが良いです。
忙しい時は動画だけを見れたり出来るのも良いです。

真上から撮影されているので、実際に作業する目線の感覚を体験しながら学べるのでわかりやすいです。
下絵付きなので、直ぐに練習が出来るのが良いと思いました。
時間を気にせず、自分のペースで進めることが出来て、動画を何度も見返すことが出来ることは大きなメリットです。

手元がよく分かり、途中で止めたり戻したりしながらできました。
先生のタッチと比べながら、どんなふうに色をのせていけばいいかどれくらい色をのせればいいか、また、指の使い方なども繰り返し見られてよかったと思います。


安心のサポート付

動画でも理解できない部分や、どうしてもうまく描けない部分があるかもしれません。
そこで、1ヶ月間のメールサポートをお付けしました。

・定期的にメールでワンポイントアドバイスをお届けしていきます。
・期間内であれば、何度でも質問していただけます。
・メールに作品の画像を添付していただければ、アドバイスやコメントをさせていただきます。

画像の説明


よくある質問

Q.受講期間はありますか
受講期間はありません。動画レッスンは今後ずっとご覧いただけます。
ただし、メールサポートはお申し込みから1ヶ月間とさせていただきます。

Q.協会に所属していますが受講できますか?
協会所属の有無に関わらず、どなたでも受講していただけます。

Q.初心者でも受講できますか
この動画レッスンは中級者対象になっています。
全く初めての人にはお勧めできません。
ある程度、チョークアートを経験された上で受講されることをお勧めします。

Q.どんな画材を使用していますか
動画レッスンでは「ぺんてるオイルパステル49色」を使用しています。

Q.下絵はどうやって使いますか
下絵(A4)はPDFデータでダウンロードしていただけます。
ご自宅のプリンターで印刷したり、コンビニのネットプリントで印刷してお使いください。

Q.添削はしてもらえますか
メールに作品の画像を添付していただければ、アドバイスやコメントをさせていただきます。
作品の提出は必須ではありません。


気になるお値段は

この動画レッスンは中級以上向けの内容です
中級レッスン4回分と考えると、3万円以上の価値があります。

けれど、まだまだコロナウィルスの影響で外出も控えつつあるこの時期、
少しでもおうちで過ごす時間を有意義に使っていただきたいと思います。

そこで
特別価格 15,000円(税込)
とさせて頂きました。

動画1本当り3,750円になりますね。
初心者のワークショップよりも安い価格です。

お支払いは、paypalまたは銀行振込となります。

お申し込みはこちらから

【重要】
※お申し込み後すぐに、決済方法のご案内メールが届きます。
ご案内メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている場合があります。
迷惑メールをご確認いただくか、稲川(info@g-chalk.com)までご連絡ください。
ご入金が確認でき次第、受講アドレスとパスワードをご連絡します。

動画レッスン「Flower」の内容

テーマ「「花をリアルに描く」
◎動画4本
1.モクレンとチューリップ 
2.ポピー(4色)
3.ヒマワリとガーベラ
4.パンジー(3色)

※1本の動画は約30~40分です。
※動画レッスンでは「ぺんてる49色」を使用しています。

◎各動画に
・練習用下絵(A4)
・作品用下絵(A4)
・完成見本
のPDFが付属します。
印刷してお使いください。

さらに、
◎1ヶ月のメールサポートでワンポイントアドバイスをお届けします
◎1ヶ月のサポート期間内は無制限で質問にお答えします。
◎期限無しで作品へのアドバイスやコメントさせていただきます。(希望者)

お申し込みはこちらから




hiro.jpg

グラフィカルチョークの稲川ひろみです。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。

チョークアートの描き方は、協会やお教室によってさまざま。
そして、最初に習った描き方から、なかなか抜け出せないことが多かったりします。

チョークアートの描き方は一つではありません。
どの技法が正しいとか、間違っているとかではないと思うのです。

先にも述べましたが、
この動画レッスンの目的は、
技法の一つとして、私の描き方を「体験してもらう事」です。

そして「いいな」と思う部分を取り入れながら
あなた独自のタッチを研究してみてくださいね。

私自身がそうであったように、
他の人の技法を体験する事は、チョークアートの壁を乗り越えるヒントになるはずです。

2014年、岐阜県で初となるチョークアート教室「グラフィカルチョーク」を開講。
現在岐阜市と大垣市で教室を開講。県内は元より、愛知、滋賀、石川、福岡、京都、和歌山など県外からも生徒さんが通う。
教室運営の傍らチョークアートのオーダー制作を行う。グラフィックデザインのスキルを活かし、店舗看板やウェディングボードをはじめ、岐阜スズキ販売、JTB東海、モスカフェ、岐阜駅市場など大手企業のチョークアートを手がける。
NHK、CBCテレビ、中京テレビ、中日新聞、岐阜新聞など多数メディアに取り上げられる。

お申し込みはこちらから