画像の説明

チョークアートの制作動画プレゼント!

画像の説明

チョークアートってどんなふうに描いているの?

チョークアートに興味を持ってくださりありがとうございます。

はじめまして。
岐阜のチョークアート教室「グラフィカルチョーク」講師の稲川ひろみです。

チョークアートは、誰でも簡単にキレイな絵が描けます。

それは絵の経験がない人でも描けるよう、体系的にレッスンを行うから。

実際に体験会などでは、小学生のお子さんから70代のご年配の方まで、幅広い年代の方がチョークアートを楽しまれているんです。

誰でも気軽に描く事ができるチョークアートですが、じつはとても奥深い魅力も秘めています。

何色もある鮮やかな色を使いこなして、思わず触れてみたくなるほど本物そっくりに描くこともできます。

そこはやっぱりアートですから、どれだけ突き詰めても終わりというものはありません。

そんなアーティスティックな魅力にハマった人もたくさんいらっしゃいます。

画像の説明

間口は広く、懐は深〜いチョークアート。

一体どうやって描いているのか気になりませんか?

「どんな画材を使っているの?」

「何に描いているの?」

「どうやって立体感を表現しているの?」

そこで、気になるチョークアートの実態を紹介した動画をプレゼントします。

チョークアートでこんな絵も描けるんだ!

きっとそんなふうに思って頂けると思います。

稲川ひろみとLINEでお友達になって、動画を受け取ってくださいね。

そして、ぜひチョークアートの世界を覗いてみてくださいね。

画像の説明

画像の説明

2014年、岐阜県で初となるチョークアート教室「グラフィカルチョーク」を開講。
現在岐阜市と大垣市で教室を開講。教室運営の傍らチョークアートのオーダー制作を行う。
店舗看板やウェディングボードをはじめ、岐阜スズキ販売、JTB東海、モスカフェ、岐阜駅市場など大手企業のチョークアートを手がける。
NHK、CBCテレビ、中京テレビ、中日新聞、岐阜新聞など多数メディアに取り上げられる。